再婚後の前夫との関係。③~実父と子供たち、新しい父親と子供たち~

再婚後の前夫との関係。②~育児は1人でするものではない~からの続きです。

離婚後も前夫と子供たちはしょっちゅう会っていました。子供が病気になれば、元義母さんが子供たちの面倒を見てくれ、看護学生だった私は本当に助かりました。

しかし、前夫と私が喧嘩をするという事件が起き、怒った前夫は「子供たちとはもう会わない」と言い出しました。

その後、本当に子供たちと父親側は疎遠になりました。子供の病気は実家の母や妹や病児保育に頼り、何とか対応して乗り切りました。

私は前夫家族と距離を置くことで、少し気持ちが楽になっていました。前夫家族を頼る事は自分にとってとても心の負担が大きかったのだと思います。

でも、前夫家族のように子供たちを支えてくれ、愛情を注いでくれる人は他にいませんでした。

私の母は、いろいろと支えてくれましたが、前夫家族のように子供たちを心から受け入れ愛情を注いでくれたわけではありません。

何かあった時、助けてもらいましたが、内心はとても迷惑に感じていたと思いますし、実際、そのような事を言われました。それでも、助けてもらったのだし、母の助けがあったから看護学校を卒業することができたのだと思います。感謝しています。

子供たちは父親や祖母に急に会えなくなったことで「会いたい」と何度も言うようになりました。私ははぐらかすことしかできなくて、ただその場をやりすごすことしかできませんでした。

しかし、前夫と子供たちは再び会うようになります。

それは前夫が「子供たちに会いたい。会わせてほしい」と言ってきたことがきっかけでした。

子供たちの行事をきっかけに再び交流を持つようになりましたが、私は元義母さんと会ったり話したりすることはなくなりました。

前夫に関しても、この人はいつまた切り札として子供を傷つけるか分からない、と慎重に接するようになりました。彼は結局、子供の気持ちよりも、自分のプライドや自分の方が優位でいたいという気持ちが勝っているのだと思います。

この事件をきっかけに、前夫とは必要最低限の話しかしなくなりました。反論も何ももうしません。

前夫に対して、離婚をした段階で、すっかり何の期待もしておらず、彼の人間性について諦めていたと思っていましたが、喧嘩をしたということは、多少でも自分の怒りを分かってほしいと感じたのかもしれません。

でも、本当に何の期待もしてはいけないのだと、身に染みて悟りました。

子供たちの父親である。ただそれだけです。

離婚後、「この結婚は何だったのだろう」と自問自答の日々でしたが、再婚したことでやっと結論を出すことができました。

前夫と私は全然合わなかった。

これにつきると思います。

前夫は今は再婚して新しい家庭を築いています。その報告を受けた時、時間は経つんだな、いろんなことが過去になっていくんだなと感じました。

今は週に1回~月に1回(その時々によって様々です)のペースで子供たちと前夫は会っています。ほんの数時間ですが。

1ヶ月に1回行っていた、元義父母宅へは、前夫の再婚を機にほとんど行かなくなりました。今は義父母宅へ行くのは半年に1度くらいのペースでしょうか。

一度、前夫家族と子供たちが遠出をしたことがありました。

その時に、前夫の妻が来ていたそうです。(子供たちから聞かされました)

私はこれは前夫にお願いしました。子供が将来結婚する時にちゃんとした価値観を持っていてほしいので、きちんとお願いしました。

「子供たちは再婚したことで新しいお父さんができた。でも、実のお父さんはあなただということは分かっている。私たちは新しい家族としてスタートしている。そのことを子供たちも理解している。そして新しいお父さんは家族として責任を持って子供たちを養育している。

あなたにも妻ができた。でも、彼女は子供たちにとっては家族ではない。そちらであなたとあなたの妻と子供たちで家族のような形をとってもらっては困る。

あなたの妻は子供たちの母親ではないから。

子供たちは何が家族なのか、家族の形が見えなくなる。だから、家族がどういうものなのか曖昧になる事はやめてほしい。」

これは私の考えです。私はそこは譲れないと思い、前夫に話しました。前夫も理解してくれ、前夫と妻を交えて子供たちと会ったりどこかに行ったりすることはありません。

話は私の今の夫にうつります。

私の夫は子供たちを可愛がってくれます。家族のために一生懸命働き、育児家事を私と一緒にしてくれています。

夫は子供たちが実父に会うことを快く思わないのではないのか?と気になるところだと思います。

確かに子供たちが実父に会うことを気持ちよく思っているわけではないです。でも、そこに対しては何も言わないし、きちんと子供の気持ちを尊重してくれています。

子供たちから実父を奪ってはいけないと思ってくれています。

うちの子供たちにとって実父は揺るがない父親です。そこを夫は分かってくれています。

さて、子供たちにとって、夫の存在はどんなものでしょうか。

私が感じることですが、子供たちにとって新しいお父さんも間違いなく父親なのだと思います。

自分にはお父さんが2人いる。と自慢している事がありました。

実父も新しいお父さんもみんなで暮らせないものか?と提案してきたこともありました。(笑)

こんな風に子供たちは夫の事を信頼しています。夫には本当に感謝しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする