再婚は結婚式を挙げる?挙式して良かったこと。

結婚する時に考える楽しみのひとつに結婚式を挙げるというものがありますよね。

初婚の人は何の躊躇もなく挙式すると思いますが、再婚の時はどうするのだろう?と悩むかもしれません。

私たち夫婦もどうするか悩みました。

夫は前回の結婚の時には結婚式を挙げなかったそうです。

私は結婚式を挙げていました。

夫は、「結婚式をしたい」と言ってくれたのですが、その理由は「あなたのウエディングドレス姿が見たいから」というシンプルなものでした。

挙式はお金がかかることですし、良い年をした子持ちの中年再婚カップルがあげるのもどうなんだろうという気持ちもありましたが、きっと良い思い出になるだろうと思って挙げることにしました。

夫婦両方が結婚式をしなくても良い、という考えなら、しなくてもいいんじゃないかと思います。

やっぱり本人同士が決める事だから、自分たちの気持ちを一番に考えたらいいと思います。それに、再婚同士だと初婚の時みたいに親から「挙式は絶対にして」なんていう圧力もかかりにくいんじゃないでしょうか。

挙式をするお金を新婚旅行にあててもいいと思いますし、ウエディングドレス姿や白無垢姿の写真だけを記念に撮ってもいいんじゃないかと思います。

夫の挙式への強い思いである、私のウエディング姿が見たいという気持ちは、私はとても嬉しかったです。

当時の私は既に若くも奇麗でもなかったですが、私の花嫁姿が見たいと思ってもらえる事に愛情を感じました。

私は再婚夫婦でも、遠慮せず挙式をすればいいのじゃないかと思います。

なんと言っても、夫婦仲がもっともっと良くなってくると思います。ウエディングドレスを着た姿や白無垢姿を見た夫の嬉しそうな表情を私は生涯忘れないと思います。

本当に良い思い出になります。

私たちの式は、ごく普通のシンプルなものでした。質素すぎもせず、派手すぎもせず。友人を大勢呼んで挙げました。

式にはお金がかかりましたが、有難い事にご祝儀をいただけたので、挙式費用の足しにしました。

ただ、再婚という事もあり、当然の事ですが、親族からのご祝儀はちょっと少なめでした。

でも、いただけるだけ有難いと思います。最初の結婚の時にもお祝いをしてもらっているのに、二度目の結婚でもお祝いをしていただける事に感謝しています。

さて、結婚式を挙げて良かったことについて書きます。

①再婚に反対していた親族が認めてくれたり、受け入れてくれた

結婚式を挙げるというのは、やっぱり儀式です。

だから、挙式するという事で、どんなに親族が反対していたとしても出席してくれたという事は認めてくれた事を意味していると思います。

私たち夫婦にとっても結婚の儀式がけじめとなるように、親族にとっても、2人が夫婦であるという事や結婚したことで、結婚相手が親族となるというけじめになると思いました。

入籍しただけでは会う事の出来ない相手側の親戚に会え、ご挨拶ができる事も大きなメリットだと思います。

②家族や親族や友人を安心させることができる

結婚式や結婚披露宴では、夫婦のひととなりを親族や友人に披露することになるかと思います。

再婚同士故に、ひそかに心配している親族や友人も多いと思います。

実際、夫の家族は「また離婚する事になるかもしれないからやめておけ」と再婚に反対していました。

だけど、私の家族や私の友人たちや職場の人たちに会う事で、私がどんな人たちと生活をしてきたのかとか、どんな友達がいるのかとか、私の生きてきた背景を多少感じれるのではないかと思います。

そして、私という人間を誤解していたり、変なイメージを持っていたとしても、私の身近な人たちに会う事で安心したのではないかと思います。

私も祖母や母が再婚に反対していて、夫の事を知りもしないのに「変な人なんじゃないか」と勝手に想像を膨らませていたみたいでした。

しかし、夫が式で挨拶をしている姿をみたり、立ち居振る舞いや子供たちに接する態度などを見て、安心したと思います。

友人たちも口々に「優しそうなご主人!」とか、「桃子ちゃんが愛されているのが分かる」とか「本当に幸せそう」と言ってくれました。

再婚って、私が子供の頃はよいイメージがなく、再婚家庭は何だか人に言えないような暗くてかわいそうなイメージを持っていました。

今でも、やっぱりそんな風に連想する人もいると思いますが、私たち夫婦の姿を見たり、子供たちの楽しそうな様子を見て、式に出席した多くの人が安心したと思います。

③結婚した実感が持てる

挙式をする前に既に入籍をして一緒に暮らし始めた私たちでしたが、式を挙げることで、より一層結婚して夫婦になったという事が実感できるようになりました。

やはり、親族や友人といった身近な人たちに会えたという事もあるし、何よりも結婚という儀式を終えたからなのではないかと思います。

式では誓いの言葉というのがありますよね。

ちゃんと大勢の人の前で誓いを立てるというのは、やっぱり自分の中でけじめとなったように思います。それに、こんな風に祝福してもらったのだから、もう絶対に離婚とならないよう努力しようと心に決めました。

ずっと仲の良い夫婦で居続けようと、夫と二人で改めて決めました。入籍時、婚姻届けに名前を書くのとは全然違った緊張感があったように思います。

④一生心に残る思い出になる

奇麗にお化粧をいてもらい、花嫁になるという事は何歳になってもやっぱり嬉しいものでした。そして、それを見た夫の喜ぶ姿や子供たちの喜ぶ姿。

私は一生忘れないと思います。

その頃、私の実子が焼きもちがピークだったのですが、挙式の際、夫婦二人で指輪をはめたりといった様子を見て、許せない気持ちが爆発してしまい、激怒!

その後の親族の写真撮影の時もぐずって怒って大変でした。

写真ではぐずる子供をドレスのまま足ではさんで苦笑いでうつっています。

でも、そんなハプニングも良い思い出です。

あれだけ大騒ぎしたのに、子供本人は今ではすっかりそのときの事を忘れていて呆れてしまいます。

私は再婚し挙式をした当時よりも、年々年をとっていっています。

再婚当時もすでにおばさんでしたが、これからもっともっと年を重ねていきます。きっと何十年か経って結婚式の写真を見た時に、

この頃はまだ若かったなあ。子供たちはこんなに小さかったんだ。とアルバムを見ながら、懐かしくて目に涙を浮かべるんじゃないかと想像できます。

私は結婚は二度目ですが、今の結婚が私の人生で本当の伴侶に出会えた結婚だと思っています。だから、結婚式を挙げて良かったなと思います。

お金がかかったので、大変だったけど…それでも無理してでも挙げて良かったと心から思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする