前夫の浮気、探偵、興信所、調査会社に依頼した体験談②

興信所は明るくてとても奇麗でした。

でも、心配性の私は、とにかく気を引き締めて油断してはいけない!という気持ちで、事務所に入りました。

担当の人がすぐに対応してくれたのですが、どってことない普通の人でした。

もし、怖い人が出てきたらどうしようと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

私は偉そうなというか威圧的な男性が苦手なので、そんな感じだったら、何とか言い訳を見つけてすぐに帰ろうと思っていました。もし、そんな人が出てきて、営業をされたらどうしよう…と最後まで不安でいっぱいでしたが、そんなことは起こりませんでした。

アンケート用紙のようなものに記入をし、電話で相談したことよりもっと詳しく話をしました。そして、相談に乗ってくれた担当の人が言ったのは、「経験上、やっぱり怪しいと思う」という事でした。

調査をするかどうするか?という話に最終的にはなりましたが、私は正直に「お金を持っていない」という事を伝えました。

すると、金額が安くなる方法をいろいろと提案してくれました。

怪しい行動をとりそうな時間を限定して調査をする、という事や、毎日ではなく週末だけ調査をするなどです。その他には前夫が住んでいる場所も知りたいという事をお願いしました。

そして、週末の夜のみの1回だけをお願いすることになったのです。

調査の日の夜、私はそわそわしていたので、実家に帰っていました。すると、興信所の人から電話がありました。

「今日からご主人を調査しています。住んでいる場所は分かりました。」と言われ、私はすぐに、「浮気はどうですか?」とたずねました。

私は浮気を疑っていましたが、本当は自分の夫が浮気なんてするはずがない、という気持ちも捨てきれずにいました。

それに、その電話をしている時は実家にいて、電話が鳴る前まで、母や妹や子供たちと賑やかに話をしていたので、軽い気持ちで聞いたのです。

すると、「残念な事ですが、今、ご主人は女性を自宅に連れ込みました」と報告を受けたのです。

疑っておいてなんですが、本当に衝撃でした。うそ?!と思いました。全身の力が抜けてしまいました。怪しいし疑っていたし、どこに住んでいるかも分からないのに、私は本当は前夫は浮気をしていないと思っていたのです。

自分では疑っているつもりなのに、心の底では信じよう信じたいという気持ちの方が大きかったのだと思います。

それに、前夫は頻繁に自分は浮気なんかしていない、疑うあなたが変だと言い続けていたので、まさか本当にしているとは…と驚いたのです。

そして、浮気女性が前夫宅に泊まっていたという証拠を撮っていただきました。

そして、前のブログでも書きましたが、浮気女性の写真を見て、びっくりとしたのです。若くて本当に派手な女性でした。

そして、その時に前夫の調査をまだ続けるか?という事を聞かれました。

料金が加算されることになるけれど、どうしますか?と尋ねられました。

浮気の証拠はあるので、もうこれ以上お金をかけて調査をする必要もないと思いましたが、私はどうしても浮気女性の素性が知りたいと思ってしまいました。

なぜ、そんなことを思ったかというと、浮気女性にある事をどうしても伝えたいと思っていました。

きっと軽い気持ちで前夫と恋愛をしているのかもしれないけど、そのことで子供たちや私の人生が変わってくるという事や、私や子供たちが傷付くことになるという事を伝えたいと思ったのです。

最初は本当に悔しくて、浮気女性に対して恨みの気持ちも抱きましたが、次第に彼女を責め立てようとか、恨もうなんていう気持ちはなくなっていき、ただ、私たちが傷つくというその事実を知ってほしいと思ったのです。

若い浮気女性にはきっと何を言っても理解されないだろうと想像していました。

でも、時が経てばいつか私たちが傷ついたことを思い出すことがあるかもしれないと思いました。

みんな平等に時間は流れるので、いつかその女性も誰かと結婚するだろうし、子供を出産することがあるかもしれません。その時に、私や子供の気持ちを思い出してほしいと思いました。

当事者であるはずの浮気女性だけ何もないなんて、それは嫌だなと感じていました。

そして、浮気女性の素性を知りたいという思いだけで、私は調査を続けることにしたのです。

浮気女性の素性が分かれば、そこで調査は終了のはずでした。

でも、それ以降、前夫は浮気女性と全く接触がないままでした。当然、調査費用は増えていきました。ただ漠然と増えたわけではなく、1ヶ月と期限を設け、時間も仕事が終わる夕方からの数時間と決めていました。なので、調査費用の最大の金額はあらかじめ決まっていました。

かなりの高額でしたので、わずかな貯金を崩し、実家の母親にも足りない分の費用を借りて調査を続けることにしたのです。

そして決めていた期限が迫った頃(だいたい1ヶ月経った頃)、やっと浮気女性と前夫の接触がありました。その時の浮気の証拠写真も撮れたのですが、結局、その浮気女性の素性は分からずじまいでした…。これにはいろいろと理由がありましたので、仕方がなかったと納得しました。結局、浮気女性に私の思いを伝えることはできずじまいでした。

調査にかかった費用は1ヶ月で70万円でした。(高額!)

今思うことですが、証拠がとれた時点で調査を終了すべきでした。

きっと、簡単に素性が分かる事の方が多いのだと思います。でも私の場合は違っていました。

70万円があるなら、子供たちを連れて、どこか遠くに旅行に行ったりできたし、もっと楽しい事に使えたと思います。

だから、とても後悔しています。

でも、あの頃は必死でしたので仕方なかったのでしょう。何が一番良い方法なのかなんて、

当時は分からなかったので、仕方なかったと思っています。でも、やっぱり後悔ですね。

私は今でも子供と前夫が会う際に、前夫と会って話をする機会があります。

その時に感じることは、「この人とずっと夫婦を続けなくて本当に良かった」という事です。

そして、浮気女性の素性が分かりませんでしたが、もはやどうでもよく、誰と浮気してたとか、家族を裏切って何をしていたかなんて、心の底からどうでもいいです。

ただ、この人は、そういう事ができる軽薄で軽率な男性なんだという事だけなので、その他の事に興味も湧きませんし、そういう事をする人だろうな~という事が今になってよくわかります。

浮気女性も、今は何歳になっているのだろう。30歳になっているか、もう30歳も過ぎているのか、子供がいるのか、どうなんでしょうね。

自分が若い頃にした大きな過ちを悔いているのか…なんて私は考えません。(笑)

どうでもいいし、興味すら湧きませんでした。

あーあ、あの頃の私に言ってあげたい。どうでもいいことにお金をかけない方がいいよって。

いくら浮気女性になんやかんや言ったところで、心に響かなければこちらが傷つくだけだし。何かを期待していたんでしょうね。だから大金をつぎ込んだのかもしれません。

そういえば、私の今の愛する夫ですが、前妻の事は心の中から抹消しているそうです。

「もはやどうでもいい存在で何とも思わない存在で思い出しもしない存在。いなかった人みたいな感じ」なのだそうです。

何となく分かる気がします。

時間が経てば、いろんな事が流れ去っていきます。それでいいのだと思います。

私は前夫の弱いとこや、ずるいとこ、一緒にいて何であんなにも苦しかったのか、あの結婚生活は何だったのか…が今になってやっと分かります。

そして、それでも、前夫の良かったところ、家族を大切に思っていた気持ちがあったという事、私の事もちゃんと愛していたという事も分かるようになりました。

前夫が行った事は誰が考えてもよくない事ですが、私も反省することは多くありました。

そんな事も冷静に考えられるようになりました。

時間の経過って、人を老いさせるだけじゃないってことですよね。(笑)あれから、私の顔のしわは増える一方だけど!!

きっと私も知らない間に成長しているのかもしれませんね。(しわと共に…)

何よりも時間が経つことで、私は自分を取り戻し、自信を取り戻し、生きる力を取り戻し、幸せになりました。

時間はかかったけど、笑って過ごせるようになりました。

「もう男性に依存しない!自立した女性になる!」

なんて決めていた私なのに、今や、夫に頼りっぱなしで、夫にべったりの女になってしまっています…(泣)

だから、お願いよ、もうあんな苦しい思いをしたくないから、裏切らないでぇ~~~と願う毎日です。(笑)

うむ…、私が強い女性になれる日はくるのか?

こないだろうな!!!(泣)

え?もう十分に強いだろって?はい、そうですね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする