再婚後の養育費について①~私の場合~

シングルマザーの皆さんは養育費をもらっていますか?

養育費をきちんと約束通り支払ってくれる人は、2割程度しかいないとのことですね。

養育費を支払ってもらえず、苦労している人も多いかと思います。

だって、養育費って子供を育てていくために必要な大切なお金ですものね。

私の友人のシングルマザーは「元旦那とは関わりたくないから、養育費をくれないけど催促すらしない」と言っていました。

他のシングルマザーの友人は「元旦那がコツコツ支払ってくれていた養育費を貯めていて、いっきに残った家のローンを支払った」と言っていました。

シングルマザーの友人と話をすると、もらっている養育費の額もまちまちです。(元旦那の収入にもよるのでしょうね)

もらっていない人もいれば、もらっている人もいます。

私はお金はとても大切なものだと思っています。

お金に悩むという事は本当に苦しい事です。

そして、子供を育てるうえで、お金ってものすごくかかります。子供がいるから、仕事もセーブしなければならなくなる人や、離婚後に転職を余儀なくされる人もいるでしょう。

お金を稼ぐために仕事を掛け持ちせざるをえない人もいると思います。

ひとりだったら、そんなに必死に稼がなくても、なんとか生活できるものです。

でも、子供がいたら、食費やら学費やら習い事費や、被服費…いろんなものがかかります。

そして、子育てに膨大な時間をとられます。

子供が体調を崩したことで仕事を休めば給料が減る人もいると思います。

若い頃は、欲しいものがあれば、短気でバイトをかけもちして、いっきに稼ぐなんて事もしていたけど、子供がいたらそんなことも難しいですよね。

私はお金って本当に大切だと心の底から思っているので、養育費を支払ってくれない元配偶者は許せないと思っています。

だから、なんとして養育費は支払ってもらうようにするべきだと思います。

養育費は子供の権利なんです。

養育費を支払うのをしぶる人は、元配偶者にお金を渡すことが納得できないというのも理由のひとつにある気がします。

私の前夫も、養育費を支払ってくれている時、私が新しい洋服を着ていたら、「ママはまた新しい服を買っている」などと子供たちに吹き込んでいたことがありました。

自分が稼いだお金が何に使われているのか気になるのでしょうね。

でも、養育費は母親の口座に振り込むかもしれませんが、子供を育てていくために必要なお金としてもらっているのです。私が洋服を購入していれば、養育費で買っていると思われるかもしれませんが、私は自分で働いたお金で買っています。

お金は養育費も働いたお金もひとつの家計で管理しているので、きっちりと区分けされているわけではありませんが、前夫のお金で洋服を買っている、なんて思ったことはありません。

子供にかかるお金が養育費以内でまかなえる事なんて、私の場合はありません。

今後も子供の学費やらなんやらで、どんどんお金はかかります。そのためにこれからの学費のための預金もしています。

さて、我が家の場合ですが、養育費を微々たるだけをもらっていた時もあるし、約束通りの額をもらっていた時もあります。

けれど、私が再婚するにあたり、状況は変わりました。

前夫に再婚することを伝えると、前夫は祝福をしてくれました。しかし、このような事を言ってきました。

「養育費は大幅に減らしたい」と。

約束していた額の1/4まで減らしたいと言ってきました。

これは子供のお小遣い程度の額になります。

その要求の理由は私の再婚相手の夫に子育てのお金を払ってもらえるという事、私も働いているため、子育てする上でお金に困らないだろう、という自分勝手な考えでした。

私の連れ子は2人です。これからどんどんお金はかかります。

それなのに、養育費をほぼもらえない額になるのは困りますし、それを再婚相手の夫に負担してもらうなんて、考えられませんでした。

もちろん、私の夫は「それでもかまわない」と言ってくれましたが、私が納得いきませんでした。

それに、「かまわない」と言っているけど、子供たちの学費を貯めてやることは難しいと思いました。生活はできます。でも、子供が望めば大学まで行かせたいと思っていたことは難しくなると思いました。

だから前夫と話し合いをしました。

子供が病気になれば、今の夫が病院に連れて行ってくれたりすることもあります。勉強を教えてくれることもあるし、遊びに連れて行ってくれることもあります。実の親のように夫は子供たちを育ててくれるのです。

それなのに、子供にかかる費用のほとんどを私の夫に頼るつもりなのか?と話しました。

そして、再婚後も子供たちはいつだって望めば実父に会えるし、前夫も望めばいつだって子供たちに会えるのです。

子供にどれだけお金がかかると思っているのか?今だって養育費で子育てに関わる費用をすべてまかなえているわけじゃないのに、と伝えると、前夫は

「それなら少しでも額を減らしたい」と言ってきました。

そして、私は前夫の要求をのむことにしました。

養育費を減額してあげることにしたのは、前夫も家庭を持ちたいと思っているのかもしれないと思ったからです。

私もしっかり働いているし、前夫は父親として離婚後も本当に子供たちによくしてくれていたので、減額することにしました。

(でも、贅沢な暮らしをしているように見えるので…本当はする必要なかったのかな?とケチな私は考えたりもします。笑)

なので、今は養育費は減っています。でも、ちゃんともらっているので、それでよしとしています。

もし、前夫が望んでいる通り、大幅に養育費をカットされ、子供の小遣い程度になっていたら、大きなわだかまりが残っていて、その後、トラブルになっていたと思います。

今は養育費をもらっているので、その事に感謝して、お付き合いができています。

でも、養育費が大幅にカットされていたら、気持ちよくお付き合いはできなかったと思います。

それと、もうひとつ前夫が要求してきたことがあります。

「自分が再婚して子供が生まれたら、さらに養育費を減らしてほしい」と言ってきました。

でも、それは断りました。

前夫は例え私と離婚した後も、私が再婚したとしても、子供の親であることに変わりはありません。彼がたとえ再婚して子供が生まれてもです。

お互い、家庭の状況は変わると思います。でも、どんな状況になっても私たち夫婦(私と現夫)は子供たちを養育し続けていくのです。

なので、もうこれ以上養育費を下げることはできないことを伝えました。そして、前夫も納得してくれました。

実は前夫が養育費について小遣い程度に大幅減額すると言ってきたとき、私は相当頭にきて、「そんなことを強行するのなら、調停で話し合いましょう」と言いました。

自分はのうのうと好き勝手に自由にしているのに、子育ての全てを私と現夫に任せるのかと思うと本当に腹が立ちました。

そのくせ、父親面をするのですから、私は絶対に納得できませんでした。

だから、ちゃんと交渉して良かったと思っています。

私の友人で、離婚時に元夫から「再婚したら、養育費は支払わないから」と言われたことがあると言っていたシングルマザーがいました。

何それ?ですよね。妻が再婚しようがどうしようが、子供の父親であることに変わりはないのに、本当におかしいですよね。

養育費はとても大切なものです。

子供を育てるうえで必要なものであるし、それは母親にもらえる権利があるのではなく子供がもらう権利があるのです。

私は子供たちが大きくなったら、ちゃんと実父が養育費を支払ってくれていた事実を伝えるつもりです。その時に、子供たちは実父から父親として大切にされていたと理解できると思います。そういった意味でも養育費をもらう事は大切だと私は思います。

次は、

再婚後の養育費について②~夫の場合~

について書きます。夫にも連れ子がいます。夫はシングルファザーでした。

前妻に養育費をもらっていたのか?どうなのか?その事について書きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする